PhotoShopCS6そろそろ発売ってことで環境設定をあらためて晒してみる。

どもメガネです。
そろそろ発売がちかいということで、シリアルを待ちながら体験版を利用しております。
とりあえず環境設定をざっと整えたので、それを晒してみます。
WEB制作特化となっておりますので、写真レタッチをメインの方には向かないと思います。
では、ご覧下さい。

一般


オプションの殆どをCheck外します。アニメーションズームとか、リッチすぎて行き急ぐように作業をする私に不向きなのです。

インターフェイス


せっかくの黒インターフェイスですが、涙をのんでグレーにします。というのもブラウザーってグレー色にちかいですよね大体。ブラウザのテーマを変えない限りデフォルトで黒系のブラウザは無いはずです。
そこが重要なポイントです。デザインつくる際に、黒背景でかっこいいデザインにしちゃうと、実際のグレー色のブラウザでどうもかっこ良くなかったりするんです。。
あと、もろもろCheckは外します。相変わらずリッチなのは不要です。
ここから下ももほとんどCheck外していきます。

ファイル管理


Camera RawについてWEB上ではそんなに大きな画像は基本あつかわないので、全部切ってます。

パフォーマンス


グラフィックプロセッサーをあえて使いません。使わないほうがPhotoShopが気を聞かせてくれるのか、最低限のアニメーションや表現となり、キビキビするためです。キビキビがなによりも重要です。
あとは、私の場合、とりあえず戻りたいって時があるので、ヒストリーを95とかにしてみました。マシンパワーによっては、ヒストリーのせいで処理が遅くなるかもなので、ここはPCと相談しながらがいいと思います。

カーソル


ここはデフォルトのままにしましたCS6になってバケツツールの先端とかが矢印になったのでわかりやすくなりましたね。前のままのイメージで逆にまちがったり、まだしてますが。。。

透明部分・色域


ここもデフォルトです。透明部分の表現について、なにか他の色に変えてみたこともあるのですが、どうもその色の影響が全体に出てしまいそうなので、この格子柄のままです。

単位・定規


はい、ここが最重要です!!!
WEBではPixelです。mmやcmではありません。ここを変えとかないと、たとえば300px×300pxのバナー作ってとか言われても、それさえも出来ません。

ガイド・グリッド・スライス


これはデフォルトのまま。実際に私が使うのはガイドのみです。

プラグイン


全部チェック外して、全く使わない状態にしています。プラグインを入れることが私は無いからです。

テキスト


多分デフォルトだったとおもいます。見つからない字型の保護は必須ですね。別のデザイナーさんからPSDを受け取った際に、自分が持っていないフォントを使われていたとしても、とりあえず何とかなります。

3D


グラフィックプロセッサーを使わないので、3Dは動きません。折角の機能なのにつかわなくてもうしわけないぐらいですね。。

最後にメインのパネル配置


私は右利きなので、右側に操作パネルを全部寄せています。
最右が [ツール]
その左に、[レイヤー/チャンネル/パス]
その下に [文字]

左の宙ぶらりんなところに [情報]

です。